中古物件を購入する前に

中古物件への不安

中古物件を購入するにあたって心配な事は目に見えない破損や劣化ではないでしょうか。

 

これらの不安は、中古物件をしっかり判断してくれるアドバイザーがいることで解消できるものでもあります。

また建設者以外の第三者である建物のプロが改めて建物をチェックするので、一般の方では判断しにくいジャッジを行ってくれます。

 

但し、エアコン等の家電類が残っていた場合は、補償が出来ない為壊れてしまった時には、ご自身で修理やお取替えの必要があります。

既存住宅アドバイザー

中古物件の流通活性化の為に設立されたのが「既存住宅アドバイザー」です。

専用の調査ツールに基づき、物件の現況を調査します。

国の支援制度、瑕疵保険などにも詳しく、中古物件購入に関する的確なアドバイスを行うことができるようになりました。

 

既存住宅アドバイザーは、下記の内容について調査を実施し、情報提供を行います。

建築年度 建築基準法の変転から建物性能をおおまかに判断できます。 また、各種住宅取得支援制度の要件に設定されていることが 多く、既存住宅の取引には重要な判断材料です。
工法 住宅の工法によって現況の建物性能の確認方法が異なります。 また、建物の構造が特殊な場合は建物性能が確認できないケースもあります。
床面積・土地 既存住宅の取引では建ぺい率や容積率を超えていないかの確認が必要です。 また、セットバックや接道状況などはその物件の資産価値に影響を及ぼします。
書類 その他 設計図書や建築確認済証は新築時の状況を記録している貴重な資料です。 また、告知書は取引のトラブルを未然に防ぐための情報になります。
現地調査(瑕疵保険フラット適合) 建物が劣化しているかは、 既存住宅取引の重要な判断材料です。また、フラット適合基準 を「おおよそ一般的な住宅が具備すべき要件」と捉え、基準を満たすかどうかの情報を提供いたします。
ホームインスペクション

ホームインスペクション(住宅診断)では、劣化や欠陥等を診断いたします。

 

長い年月が経つうちに、柱や土台なども傷んできます。例え外観がキレイでも、内部構造の安全とは結び付きません。

安心して中古住宅を購入する為の既存住宅売買瑕疵保険は、この検査の合格により加入できます。

 

欧米ではすでに一般的な制度であり、近年では、日本でも普及しつつあります。

診断の方法は、基本的に目視で、屋根、外壁、室内、屋根裏、床下などを点検します。

また、機材を使用する場合もあります。

 

また、ホームインスペクションを以下の方法で正しく行う業者と提携しております。

実績 何年くらいの実績があるか、何件くらいを調査してきたのかなど、実績もチェックし依頼しております。
専門性 ホームインスペクターにも得意分野があります。 木造、2×4、鉄筋コンクリートなど各分野の専門性を活かし依頼しております。
コミュニケーション能力 例え知識が豊富で診断が的確でも、相手に正しく伝えることが苦手だと問題が生じます。物事を正確に伝えられるかなどを確認しております。
適正な価格 診断を行う価格は、高すぎるのも、安すぎるのも良くありません。 相場に適した価格で行う業者か確認しております。