不動産購入の流れ

不動産購入の流れ

購入の段取りを検討するには、まず一般的な流れを押さえておくことが大切です。

購入までにどんな作業や手続きが必要なのか、主なポイントをまとめてみました。

1 マンションOR一戸建て

マンションは、複数の人が1つの土地・建物を分け合って所有するため、その使い方、暮らし方に一定のルールがあります。

これに対し一戸建ては、土地・建物の全てが自分の所有になり、自由に使える(暮らせる)のが魅力ですね。

一方、マンションは土地や建物の管理を管理会社に任せるのが一般的ですが、一戸建てはすべて自己管理なので手間がかかります。

そのほか下の表も参考にして、どちらが自分の理想の暮らしに合うか考えてみましょう。

マンションメリット・デメリット
一戸建てメリット・デメリット
2 新築OR中古

価格や立地などの条件が同じであれば、中古住宅よりも新築住宅を選ぶ人が多いでしょう。

ただし、同様の立地条件で同様の設備を備えていれば、新築住宅の価格が高くなります。

 

中古住宅を取得する場合の判断基準は、限られた資金計画の範囲内で、物件の立地・環境・間取り等の諸々の条件を総合的に判断し、新築住宅よりも自分の求める諸条件になるべく近いものであるかどうかという点です。

例えば、「職住近接」を実現することが最も重要であるならば、都心のマンションを選択することになるでしょうし、「子供のための広い間取り」が希望であれば、郊外の中古マンションや一戸建て住宅を選ぶのもよいでしょう。

また、中古住宅は新築住宅に比べ、融資や税制上の優遇が受けにくいといったデメリットもあります。

しかし、新築住宅は完成前に購入を決めなければならない場合がありますが、中古住宅の場合は物件のチェックができる利点があります。

新築メリット・デメリット
中古メリット・デメリット
3 問い合わせ・物件見学

「もっと詳しく知りたい」「実物を見てみたい」と思える物件が見つかったら、早速問い合わせしてみましょう。

 

新築マンションなら、まずモデルルームに行ってみるのも手です。

中古や一戸建ての場合も、気になる物件の見学のダンドリをつけてもらうと良いでしょう。

複数の物件を見学すれば、こだわりたいポイントや、自分なりの相場観も見えてくるはずです。

納得できる物件が、なかなか見つからない場合は、エリアなどの条件を広げて探してみましょう。

4 絞り込み

いくつかの候補物件がピックアップできたら、次は絞り込みの作業となります。

いろいろな物件を見て、自分自身の優先順位を整理し、自分が本当に納得できる物件を選びましょう。

5 購入申し込み

自分が本当に買いたい物件に出合えたら、いよいよ申し込みを行いましょう。

購入申し込みとは、「この家を買いたい!」という意思表示と、交渉スタートのための手続きです。

新築マンションなどは「申込証拠金」として、2万円~10万円程度のお金が必要になることも多いです。

6 住宅ローン事前審査

購入の意思が固まったら、申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが一般的です。

実際に住宅ローンを組むことができるか、いくら借りられるのか、金融機関による事前審査が行われます。

これに通らないと契約に進めないので、無理のない資金計画で臨みましょう。

7 重要事項説明と契約書の確認

契約を前に、売買する物件や契約内容について、きちんと確認しておく必要があります。

できれば契約日より前に、「重要事項説明書」や「契約書」などコピーをもらって、しっかり読み込んでから重要事項説明や契約の日を迎えましょう。

8 契約

いよいよ正式に契約です。

重要事項説明書や契約書の内容を把握し、不明点や疑問点はしっかり質問して、理解・納得したうえで、署名しましょう。

契約が成立すればもう後戻りはできません。

契約後に買い手側の都合で解約する場合、契約時に支払った手付金は放棄することになります。

また、契約から所定の期間が経った後に解約する場合、違約金が発生することになるので注意しましょう。

9 住宅ローン申し込み・ローン契約

売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行います。

その後、金融機関による本審査を経て、承認されれば、金融機関と正式なローン契約(金銭消費貸借契約)を結ぶことになります。

10 内覧チェック

建物の完成前に契約を行う新築物件の場合、物件の引き渡し前に、完成した建物の状態をチェックする、「事前内覧会」が行われます。

ここでは、建物の状態・仕上がりが契約と異なる部分はないか、きちんと確認しましょう。

何か問題があるようなら、引き渡しの日までに解決してもらえるように依頼します。

なお、中古物件や、建物の完成後に契約を行う新築の場合は、物件見学時にチェックしておくことが大切です。

11 残金決済

残金決済とは、購入価格から手付金を引いた金額すべてを支払うことです。

住宅ローンの借入金は金融機関から直接不動産会社の口座に振り込んでもらうよう頼むこともできます(融資実行)。

残金の支払いが確認されたら、物件の引き渡しが行われます。

12 引き渡し・入居

住宅ローンの決済が終われば、念願のマイホームの引き渡し・入居となります。

引き渡しでは、住まいの鍵を受け取るほか、司法書士によって不動産の所有権移転(新築の建物は所有権保存)登記が行われます。

引き渡し時にもう一度建物の状態を確認し、問題がなければいよいよ新生活のスタートです。

入居の翌年には、確定申告で住宅ローンの控除申請もお忘れなく行いましょう。

お問合せ(大)