ドローン調査サービス

1ドローン
最新技術 ドローン調査

建物診断と聞くと費用がかかる調査の時間がかかるなどあまり良くないイメージを持っている方は多くいらっしゃると思います。また、都内や住宅密集地域では、“梯子がかけられない“ ”足場を組むだけで費用が高い”などのご意見も多くありました。

 

このような不安や、金銭面でのストレスを解消出来たのが、ドローン診断となります。

足場を準備する必要はなく、地上からお客様と共にモニターを通して建物診断が出来る為全てのストレスを改善できるのが、ドローンでの調査です。

 

では、ドローン調査のメリットはどんなところなのでしょうか。

ドローンで点検をするメリット
踏み割れ防止

今までは人が屋根に登り目視での確認でしたが、その際わざと壊されるなど悪徳業者による悪いイメージもありました。

ドローンを使う事により、人が屋根に登る必要が無く、地上に居ながら破損個所の確認や、破損状況の確認が出来るようになりました。

急勾配でも細かく診断可能

調査しにくい場所である、急な斜面や高所の点検でも問題なく調査が可能になりました。

細かい部分はもちろん、広範囲でのチェックも可能になりました。

ドローンを使う事で屋根に登る事なく、モニター越しにお客様と共に地上から確認が出来ます。

調査費用・調査時間の削減

屋根の調査には、梯子もしくは足場を組んで調査しておりましたが、調査員到着後すぐに調査が出来るようになった事で、調査時間を大幅に削減出来ました!

もちろん、マンションやビルも調査可能です。せっかくの休日を有効にご利用いただけます。

ドローン撮影風景はこちら⇩

07 VRでチェック
08 記念写真プレゼント
ドローン操縦航空法対応
飛行許可を取得し調査を行います
ドローン規約

ドローンを飛行させるにあたり上記(A)(B)(C)のエリアは 許可なしでの飛行が禁止されています。

 

(A) 空港等の周辺(進入表面等)の上空空域

(B) 150m以上の高さの空域

(C)人口集中地区の上空

 

住まいあんしん倶楽部では、飛行許可・承認手続を行い調査致しますのでご安心ください。

小さな破損が大きな破損に
建物は建設時から常に自然の影響を受けています
サンプル画像

建物は一度建ててから約何年で診断が必要になると思いますか?

建物は常に自然の影響を受けています

例え建設して間もない場合であっても、雨・風によって影響を受けます。

台風の多い地域や雪の多い地域で、それぞれ仕様を変えているのはそのためです。

 

また、風や雨、雪などの自然による影響で建物の補修が必要になった場合には、多くの方が加入されている火災保険にて修理等が可能ですが、大半以上の方が修理せず過ごされています

調査から1週間で建物診断が完了いたします
らくらく3ステップ
我々にお任せください‼
スタッフ紹介